vol.02

動線にとことんこだわった高床式の家

共働きで多忙な二人が目指したのは、

家事に手がかからない、快適に過ごせる住まい。

工夫を凝らした生活動線が、その思いを叶えてくれました。

同ブランドで統一感を演出

キッチンはダイニングテーブルと横に一直線に配置した横面型スタイルにすることで使い勝手にこだわりました。シンクと、テーブル、照明ともにトーヨーキッチン製でコーディネートすることで統一感を醸し出しています。

多機能性を実現した玄関ホール

玄関脇には小物を装飾できる棚や外出先から戻ってすぐに手洗いができる洗面ボウルを配置。扉でつながるウォークイン式となった大容量のシューズクロークからはパントリーやキッチンへも回遊できる素晴らしさ。もちろん、玄関ホールからは直接LDKや和室にも行き来できます。

書斎を設けた機能性に富んだ寝室

仕事柄、資格取得のための勉強が不可欠というご夫婦。書斎は家を建てるときの必須項目で最初は独立型を計画していましたが、機能性と光熱費などのコスト面に配慮して寝室と一体型を採用しました。

三階の動線は一直線

お風呂、洗面、洗濯機、屋内物干し、ベランダの屋外物干しと、見事なまでの生活家事動線。「脱いで洗って干して畳むが一直線でスムーズ」と奥さま。
バスルームの採光窓も広く、日中のバスタイムも気持ち良さそうです。

高床式の三階建て構造

一階はRC構造のガレージ、二、三階を居住スペースにした高床式。「汚れが目立たず、落ち着いた雰囲気にしたかった」(ご主人)と、ブラウンのサイディングで仕上げた外観。照明にはLED、屋根には太陽光パネルを備えた性能を重視した設計も見逃せません。

アサヒアレックスの家づくりカタログセットを無料プレゼント!