vol.08

箱の家。

自分たちで創造する

理想の暮らしのカタチ

家具で暮らしを楽しむ家

カフェを思わせる和みの空間

窓から日差しが差し込む明るいLDKはご家族の憩いの空間。
床は自然素材のインドネシアチークを採用するなど、カフェのような和みの空間が広がっています。

奥様のセンスが光るキッチン

カップや皿、料理道具が整理整頓されたキッチン。
造作するのではなく、好みの家具を購入して配置。
アサヒアレックスオリジナルのキッチンは「見た目も使い勝手も抜群ですよ」(奥様)

遊び心のある仕掛けが随所に

階段下の扉は黒板と同じ素材を使用し、文字を書いたり、絵を描いりすることもある。
ゆったりとしたトイレには遊び心がいっぱい。
シンクは理科室をイメージし、蛇口を敢えて懐かしさのある物を採用しました。

白亜の外観が映える箱型の家。
個性豊かな玄関ホール。

「子供でも簡単に絵で描けるように」(ご夫婦)と、白を基調としたシンプルな箱型の外観。
約30坪という限られた土地の中でも駐車スペース3台を確保しました。
玄関には古木を採用した靴棚をはじめ、ダメージ加工を施した壁を採用。壁に吊るした自転車、飾りのようにさりげなく掛けられた掃除用具…。何気ないところにもセンスとこだわりが凝縮されています。

W.I.Cを備えたシンプルな寝室。

ファッションセンス抜群のご夫婦の寝室。
ウォークインクローゼットにはカラフルな服がズラリと並び、収納ボックスや籠を利用してスッキリと。
「着なくなった服を整理するなど、だいぶ整頓しました。寝室は寝るだけなのでこの広さで十分です」(ご主人)。
こちらにも学校の椅子が配置されています。

アサヒアレックスの家づくりカタログセットを無料プレゼント!