vol.01

座の暮らしが生む、寛ぎの空間。

結婚を機に、双方のご両親から勧められ家づくりをスタートしたS様。

奥様のご実家近くで土地を探しはじめるが、

気に入った土地が見つかるも、

広さを優先するか景観を優先するかで悩み、

紆余曲折を経て広さを優先した現在の土地を購入するに至った。

城下町の石畳を思わせるアプローチと、インナーガレージが印象的な外観のS様邸。

和の要素を上手く取り入れたS様邸

ソファで寛ぐよりも畳に座って過ごす生活スタイルを選択し、リビングは和室を採用。
凛とした空気感が漂うLDは、照明に強弱をつけ天井をきれいに魅せる奥様こだわりの照明計画が奏功した。

ご主人様のお父様に加工してもらった耳付き一枚板のカウンター

和室とリビングの一体感がありながらも、緩やかに空間を間仕切ることができる造作の格子戸も、より一層和の空間を引き立てる。

住宅性能の良さを体感

吹付外壁、ダブル断熱、太陽光パネル5.52kw搭載と、設備や性能にもこだわり、玄関ドアを開けた瞬間から暖かい空気に包み込まれ、住んでから改めて住宅性能の良さを体感しているそう。

ダイニングの窓からは隣家の植栽が眺められる。

景観で悩んでいた土地をあきらめたが、隣家の植栽が借景となり心安らぐ眺めが生活に潤いを与えてくれる。

アサヒアレックスの家づくりカタログセットを無料プレゼント!