敷地を最大限に活かして平屋スタイル

田上町T様邸

Data

竣工 2022年
タイプ 新築
延床面積 107.65㎡(32.56坪)
敷地面積 553.49㎡(167.43坪)

御婆様が住まわれていた土地を受け継ぎ、将来的な事も考えて平屋一択で家づくりをスタート。
間取りでかなり迷ったものの、回遊できる動線、適所に適量が配置されている収納等、「お部屋の広さは敷地を活かして限界まで広げようと思い、頑張りました(笑)」とT様。

キッチン背面の収納スタイルもこだわりの一つ。
凹凸のしっかりとしたマットな質感のタイルは照明の光を照り返さない落ち着きのある雰囲気に。
ご夫婦様で意見が分かれたところは一点だけ。
書斎の収納を確保したいご主人様と、冷蔵庫を隠したいという奥様。
奥様のご要望を優先し、「書斎の収納量については全く問題ないです。」とご主人。

リビングからはデッキが続き、春には目の前の公園の桜でお花見もできる立地。
高さ40cmの小上がり畳スペースは、つかまり立ちに絶妙な高さ。