vol.05

古材や鉄が調和する ヴィンテージスタイルのリビング

間取は生活のしやすさを重視して計画。
広い玄関にたっぷりと靴を収納できる棚、そこから食品庫を経由してキッチンへ繋がる便利な動線があります。
「実際の生活をよく考えて計画したので、想像通りの快適な暮らしが実現できました。」とご夫婦。

デザインも機能も大満足の住まいが誕生しました。

無垢の床が張られた空間に、アンティークン加工が施されたキッチンパネルが際立つS様邸のLDK。

キッチンは古材を使った家具が溶け込みます。

色々な見学会を訪れながら、ヴィンテージ感のあるインテリアにひかれていったというご夫婦は、古材や鉄などを使った造作家具やテーブルを選んでいきました。

家具はヴィンテージ感のある製品を中心にセレクト。

全館冷暖房なので季節を問わず家中が快適。
リビング内では愛犬も一緒に生活。

玄関ドアを開くと現れる、奥行きのある土間。

手前は自転車が余裕で収まる広さで、さらにクローク、下駄箱が連続。
突き当りを曲がるとパントリーがあり、そこからキッチンへと入れる動線となっている。

ジューンベリーなどの植栽が彩を添える庭

隣家の堀の手前に白い木塀を巡らせて明るい雰囲気に仕上げた。

濃いブルーで統一された寝室。

夜は間接照明の光で一層安らげる空間となっている。

アサヒアレックスの家づくりカタログセットを無料プレゼント!